2016年04月09日

レディース スプリングキャンプIN吉野


3月29日〜4月1日の4日間で高校生、後追いの3日間で中学生が合流し、
今年は誰1人欠けることなく無事終えることが出来ました。
今年のテーマは、「信じる」。

高校生は、このキャンプの重要性を理解しているので、意識が高かった。
初日の高校生だけの時間を有意義に過ごし、中学生を迎え入れた。
夜のオーバーナイトの準備をし、チームのミーティング時間に時間を費やし、
学年ごとのテントで、これからのことを話し川のせせらぎを聞きながら、眠りについ
た。

2日目に、中学生が合流し、一気に賑やかになった。新1年生も最初は、
緊張していましたが、徐々に笑顔が増え、楽しくプログラムをこなしていった。
ハートプログラム・カレー対決・夜中の綱引き大会と、ハードなスケジュールだった
が、
楽しく過ごせたようで、中学生を迎え入れることに成功し、一安心。
夜は、宿舎泊で、中高縦割りの部屋で就寝。疲れていたのか、一瞬で眠りについたよ
うだ。

3日目は、「何かを発見しよう!!」ということで、ディスカバリーウォークに出か
けた。
4時間近く歩き続けくたくたで帰ってきたが、1年生もしっかり先輩の名前を憶えて、
仲良くなって
帰ってきた。今年は道に迷うグループは無かったので、一安心。「発見」はあったの
でしょうか??
夜は、お待ちかねのバーベキュー!!たくさん食べて大満足。
パフォーマンスナイトでは、1年生の知らない顔や、普段では、見せない一面も見れ
て、大笑い。
クォリティーの高さに驚いた。全員の決意表明も新たに、今シーズンへの意気込みも
感じた。
新1年生も物怖じせず堂々と、かわいく発表することが出来、頼もしかった。
さぁ、今夜は野外で、オーバーナイト。中学生は雨の中のテント泊に興奮し、中々寝
れずにいたようだが、
高校生は、2人テント泊。じっくり話せたようで、仲間を知るいいオーバーナイトに
なった。

最終日は、中高分かれての大事なハートプログラム。
高校生の集中力は半端ない。この先チームがどうなっていくのか、このハートに繋が
ることを知っている。
昨日までは、何度も怒られる選手もいたが、集中した顔つきをみると、見なくても
「大丈夫」だと確信できた。
中学生の方は、まだ「楽しい」が先行してしまう。中々集中できず、話しを聞いて理
解することが出来ず、
自分たちが出来ないことに気づき、落胆の色を隠せない。でも気づいたのだから、こ
こから変わるしかない。
「普通」と言われた。悔しいが、事実。しっかり受け止めて、「普通」から「良い
チーム」「強いチーム」
へと、進化しよう。

このキャンプでの「気づき」を生かして、中高共に、大会へ向けて頑張って行こ
う!!
「見て」「感じて」・・・「行動」できる選手になってほしい。

最後に、スタッフの皆様、4日間ありがとうございました。キャンプでの「気づき」
を行動にうつせるよう、
チームに生かしていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

レディース担当 柿川

IMG_4451.JPGIMG_4457.JPGIMG_4471.JPGIMG_4484.JPGIMG_4517.JPGIMG_4528.JPGIMG_4531.JPGIMG_4559.JPGIMG_4493.JPGIMG_4581.JPGIMG_4585.JPG
posted by トピックス at 20:06| Comment(0) | KFC レディース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: